ブログ (461)

土, 12 9月 2015 00:00

そばのお花畑

Sさんより、そばのお花畑の写真が届きました。

押山の中組・一斗蒔田(いっとまきだ)です。

お彼岸前頃が一番の見ごろになるそうです。

収穫は10月の予定とのこと・・・楽しみですね。

IMG 4074

IMG 4076

土, 12 9月 2015 00:00

秋のはじめの山

Iさんから山の写真が届きました。

山の写真を見ると「あぁ、山に住んでいるんだなぁ」と思います。

住んでいても、こんなに景色のよいところにはなかなか行けないです。

いつも絶景をありがとうございます。

IMGP0551

 

IMGP0583

IMGP0617

IMGP0623

IMGP0634

土, 05 9月 2015 00:00

9月の風景

まだまだ暑いですが、9月に入るとあちこちで秋の気配が漂う押山です。

 

Iさんより届いた秋のはじめの押山風景です。

 

IMGP0473

 

IMGP0418

IMGP0429

IMGP0480

IMGP0467

IMGP0478

押山の文化財を紹介します (o^∇^o)ノ

(第4回 大日堂に伝わる江戸時代の合体ロボ!?)
 
今回は十一面観音です。
 
≪ こんなお姿です ≫
頭の毛は長髪で、てっぺんには小さな仏様の顔があります。
 
もともとこの顔11面あったはずですが、取れて無くなってしまったようです。 (ノ_・。)
 
ともあれ、この頭部が十一面観音であることは間違いありません。
 
十一面観音は昔から人気者(仏?)でしたので、ここにおられても当然なのですが・・・・
1
 
 
≪ ところが!!! ≫
頭部十一面観音なのですが、胴体はどうもほかの仏像のものらしいのです。 (ノ゚⊿゚)ノ
実は、仏像には大きく分けて如来菩薩十一面観音はこのグループ)・明王天部の4グループがあり、服装についてもそれぞれ決まりがあります。
では問題の胴体部分について本来の姿を確認しましょう。下の参考画像をごらんください。
 
十一面観音(菩薩グループ)の例で、ハカマやタスキをまとい、
 
ネックレスのようなアクセサリーも身に着けておられます。
 
それに比べ薬師如来(如来グループ)はペラペラの布1枚をまとっただけでアクセサリーもありません。
 
実はこれこそが菩薩・如来それぞれの標準的な姿です。
以上のことをふまえて、大日堂の十一面観音をもう一度ふりかえって見ると、
 
   頭部 菩薩の姿
 
 胴体 如来の姿
 
であるとわかります。 なんだこりゃ? w(゚o゚)w
23
 
 ≪ なぜ、こんなのができた (゚ペ)? ≫ 
推定① 胴体が壊れた十一面観音と、頭部が壊れた如来像(阿弥陀如来か薬師如来など)
 
      テキトーに組み合わせてリニューアルした
推定② 十一面観音が欲しかったが予算が足りなかった。そこで、頭部だけをつくり、
 
      今まであった如来像の首を取ってすげ替えた
冗談ではなく、昔はこんなことが多々あったとのこと。
 
「まっ、いいか ・・・/(・。・) 」 という先祖の声が聞こえてくるような気がします。
 ≪ この十一面観音はいつごろのお生まれ? ≫
頭部については江戸時代と思われます。
 
なんだかコケシ人形みたいに見えますが、実は、江戸時代は仏像がお人形みたいになっていった時代です。
 
これは注文した人たちの好みの反映でしょうが、結果として鎌倉時代以前のものに比べて品位が下がり感動も薄くなったように思えます。
 
とはいえ押山の先祖が、どんな相談をしながらこの合体ロボならぬ合体観音をつくりだしたのかは、
 
なかなか興味あるところです。
 
 
4
 
(投稿 Mさん ありがとうございます)
 
 

押山自治区防災訓練、健康講座「知ろう!健康生活」、浄化槽維持管理研修会の様子です。

 

参加されたみなさん、おつかれさまでした。

 

150830-1

 

150830-2

150830kenkou

150830jyoukaso

押山の文化財を紹介します (o^∇^o)ノ
(第3回 大日堂に伝わるアグレッシブなお地蔵さん)
 
今回は大日堂正面の左下のお地蔵さん紹介します。
 
≪ こんなお姿です ≫
 
お地蔵さんといえば、なんとなく路傍にニコニコと立っておられるイメージを抱きがちですが、
ここのお地蔵さんは、キリッとしたお顔です。
さらに、座ってはいるものの、「何々?どうしたんだ!?」と身を乗り出してきそうです。
かなり行動派か?
 
1
 
ここで、右手は「ガンバロー!」とこぶしを握っているようですが、
本来この手には錫杖(しゃくじょう)という杖が握られていました。
また、破損した左手には宝珠(ほうじゅ)という願い事をかなえる玉があったと思われます。
たとえば、この画像のような感じです。 
 
2
 
 ≪ このお地蔵さまはいつごろのお生まれ? ≫
 
判断に迷う点はありますが、江戸時代以前のお生まれであることはほぼ間違いないようです。
それにしても、頼りになりそうないいお顔のお地蔵様です。
ちょっと厳しいとこがあるかもしれませんが・・・
とりあえず人の話は聞いてくれそうです。耳もデカいし・・・・
3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

日, 16 8月 2015 00:00

夏の風景(お盆頃)

押山のお盆の景色。

秋の実り・栗がもう実っているんですね。

のどかな川や水路の夏です。

IMGP0242

 

IMGP0247

IMGP0262

IMGP0270

IMGP0275

IMGP0284

( Iさん 写真ありがとうございます)

8月のはじめ、稲の出穂・とうもろこしの実りなど、

ススベ地区の景色です。

IMGP0001

 

IMGP0003

IMGP0005

IMGP9998

IMGP9999

押山の文化財を紹介します (o^∇^o)ノ

(第2回 大日堂に伝わる謎の仏像)
 
大日堂正面の左下に小ぶりでちょっといい感じの仏さまがおられますので、
 
今回、謎解きをしながら紹介します。
 
≪ この仏さまはどなた? ≫
 
1
 
頭は長髪で冠をしてみえるので、
 
菩薩グループ(観音菩薩・文殊菩薩・普賢菩薩などなど)の一員らしいとわかります。
 
では、具体的にはどの菩薩さんでしょうか?
 
ここで、仏像見分けの重要ポイントである手が折れてしまっているのが残念ですが
 
・・・・ | ̄ω ̄、|
 
2
 
手の位置関係や左手が握られていることから、多分、こんなふうだったのでは?
 
と想像できます。
 
すなわち、左手に蓮(はす)の蕾(つぼみ)を持ったスタイルです。
 
だとすれば、これは観音菩薩
さらにそのなかでも一番基本的な聖観音(しょうかんのん)です。
 
 
3
≪ この観音さまはいつごろのお生まれ? ≫
 
ここで注目すべきはお顔です。
 
このお顔は江戸時代のものではありません。
 
だいたい14世紀(鎌倉時代末~室町時代初)ころのものです。
 
前回紹介した大日如来の方は典型的な江戸時代のお顔なので、
 
比べてみると違いがよくわかります。
 
ただし首から下については後世のものかもしれません。
 
でも、お顔が14世紀とはちょっとビックリです。 w( ̄o ̄)w
 
4
 
それにしてもよいお顔だと思います。
 
横顔もキュート  d(⌒ー⌒) グッ!!
 
 
5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
土, 25 7月 2015 00:00

Mt押山の夏

押山の夏。

IMGP9829

 

IMGP9906

夏と冬との対比がおもしろいですね。

IMGP4504

IMGP9658

木は動かずにじっとしているんですね。

IMGP9672

 

切り株からも芽を出すたくましい自然。

 

(Iさん、写真ありがとうございます)