城内の構成

・虎口 

東側の郭の東を旧街道が通っており、東の郭との間に虎口があったと思われる。

s siro3

 

・旧街道の石仏 

虎口の数メートル東側下方に旧街道。旧街道脇に石仏がある。

s siro4

 

・東の郭

古くは避難場所と思われる場所にあった郭。

広さは主郭より少し小さく200平方メートルぐらいか。

s siro5

 

主郭

築城する時に主郭を追加したと思われる。郭の広さは300平方メートルぐらいか。

郭には、現在、秋葉社が祭られている。

登記上は2筆で227㎡の広さがある。感覚ではもう少し広い感じがする。

s siro6

 

・主郭の堀切 

主郭の東側と北側には堀切と思われるものがあり、主郭の守りを固めている。

○南方面

s siro7

 

 北方面

s siro8

 

・搦手(からめて)

 主郭の西側にあり、旧押山熊野神社(永禄8年(1565年)創建)とやぐら平(川手城との連絡に使ったと言い伝えがある)への分岐点に位置する。

s siro9

 

主郭の南側下方の平地(登記上は2筆 1814㎡)

明治期以前(登記制度開始時)の土地であり、秋葉社への道が地籍図にある。回りは山林で、ここだけ(秋葉社部分を除く)が平な土地でかつ畑てある点から屋敷等の名残と思われる。

主郭(秋葉社)に近く、主郭との一体性が推察できる。

水の手が見つかっていないが、この平地に井戸があったか、瀧澤川の水をくみ上げていたとも推察できる。(この平地であれば井戸を掘れば、回りに高い山を背負っており、水は入手できたのではないか)。

 

・主郭と東の郭との連携

2つの郭を繋ぐ遺構(2つの郭間は急峻な斜面)や存在を示す資料がない。

主郭も東の郭も、旧街道から直接に繋がっている。

 主郭から旧街道  道が地籍図で確認できる(秋葉社への参道か)

 東の郭から旧街道 尾根伝いに比較的平坦な地形

1番考えられるのは、独立した2つの郭が合体して1つの城として機能していたこと。