日付でフィルタされたアイテム: 11月 2017 - 押山サイト
木, 30 11月 2017 00:00

Mt押山の雲海 11/30

       【押山おんたけさまの雲海 11/30】
雲海はいつ発生するのか?予想できるのか?という問い合わせが
ありましたので、今回この場をお借りして現状をお話しします。
まず、雲海の発生しやすい条件は、大体以下の通りです。
 ①秋から初冬で10月~11月が中心、時々は12月も
 ②朝6時ころから8~9時ころまで
 ③前日の気温や湿度が高く(雨など)、当日朝は快晴で冷え込んでいるとき
 ④私の自宅(標高380m)で朝6時の気温が4~8℃くらいのとき
ところが①~④の条件が全部揃っていても発生しないことは多々あり、結局は、
 ⑤豊田市押山町・恵那市上矢作町が早朝6時頃に霧に覆われたとき 
を判断材料にしています。ところがこれもなかなか難しい・・・
 
昨日は雨、今朝は気温8℃で曇り。我が家の周囲は霧でしたがあまり濃くはなく
どうしようかと迷ったあげく行ってみました。結果はご覧の通りです。
ショボイ雲海
20171130 1
 
恵那山~木曽御嶽山方面
私はゴージャスな雲海が好きなのですが、山と絡み合っているようなのが好き
という人もおられますので、とりあえず撮影。
20171130 2
 
恵那市上矢作町方面
ショボイ雲海の時はついついズームしてしまいます。見ていると雲がどんどん
変化するので確かに面白いかもしれません。
20171130 3
 
恵那市上矢作町方面
雲の下の町、孫悟空の気分
20171130 4
 
恵那市串原方面
雲(というより霧か?)が帯状になっていて面白いです。
でも今日はこれでおしまい。
20171130 5
 
 
投稿 Mさんありがとうございます 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ: ブログ
月, 27 11月 2017 00:00

Mt押山の夕映え 11/27

 
       【押山おんたけさまの夕映え 11/27】
 
久しぶりに夕映えを見に行きました。あっ、雲が邪魔してる!
20171127 a
 
そこへ、さらに雲が集まってきました。あっちへ行きなさい!
20171127 b
 
でも見ているとだんだん面白くなっていきます。
しかも目の前全部が空なので壮大な眺め
20171127 c
 
視点を右(北方向)にずらしてみると・・
20171127 d
 
おしまい 約30分の豪華ショーでした。

20171127 e

 

投稿 Mさんありがとうございます

 

カテゴリ: ブログ
月, 27 11月 2017 00:00

Mt押山の雲海 11/27

         【押山おんたけさまの雲海 11/27】
朝日新聞に載って以後はじめての雲海投稿です。
この間、雨が降るやら寒すぎるやらでロクな雲海が出ませんでしたが、
今日はどうかな?
 
木曽御嶽山方面No1 うーん・・・まあまあかな。
20171127 1

 

木曽御嶽山方面No2 雲の量は今一ですが立体的で動きもあるので60点

20171127 2

 

上矢作方面No1 こちらも雲の量はまあまあ。日が差し始めたころ

20171127 3

 

上矢作町方面No2 終盤 この方面も変化が面白いので65点

20171127 4

 

猿投山方面No1 雲の量はまずまずだが締まりがない。

20171127 5

 

猿投山方面No 2 終盤 この方面も60点だなあ。

20171127 6

 

というわけで今日は総合60点。

帰りかけたら、疾走してくる名古屋ナンバーの軽自動車に出会いました。

とりあえず雲海終盤のようすは見てもらえたと思います。よかったよかった。

 

投稿 Mさんありがとうございます

カテゴリ: ブログ
土, 25 11月 2017 00:00

炭焼窯周辺整備

20171125 1

20171125 1

20171125 1

20171125 1

PDFはこちら

投稿 Iさんありがとうございます

カテゴリ: ブログ
水, 15 11月 2017 00:00

Mt押山の雲海 11/15

     【押山おんたけさまの雲海 11/15】
今朝は久々におお~!と声の出るほどのたっぷりとした雲海でした。
ただし起伏や立体感がなく、のっぺりした感じです。
おまけに東の空は薄曇りで日が差さないので、風景に全くメリハリが
ありません。
今回、キレのない写真になってしまいましたが、実は見た印象その
ままであります。
頂上の石神仏の裏に雲海が広がります。
20171115 1

画面中央には、我々の汗と涙の結晶である案内看板のシルエットが・・・

その向こうの雲海の下は恵那市上矢作町です。

20171115 2

恵那山~木曽御嶽山方面

20171115 3

 木曽御嶽山~恵那市上矢作町方面

20171115 4

恵那市上矢作町方面

20171115 5

猿投山方面 中央奥が猿投山ですが、雲海に紛れてよく見えません。

20171115 6

豊田市御所貝津方面 

この方面に多量の雲海が発生するのは珍しいです。

この写真は9時近くなので、空気の流れが大きくなり雲海も乱れています。

20171115 7

今回ののっぺりした雲海には、カメラの自動機能が役に立たず、

絞り・シャッタ―スピード・ISO感度・ピントなど全て手動でおこないました。

初めての経験です。

夜明けでどんどん明るさが変わるので忙しいのなんの・・・

投稿 Mさんありがとうございます

カテゴリ: ブログ
 
                    
      【押山おんたけさまの夕映え 11/13】
 
昨日に続いてまた夕映えを見に行ってしまいました。
頂上に行ってみたらタイヘン!私の美しい夕日が邪悪な雲に覆われています。
20171113 1
 
ズームしました。ガンバレ私の夕日!
20171113 2
 
結局、邪悪な雲に隠されてしまいました。
(実は、邪悪な雲の形もなかなかオモシロイのですが)
20171113 3
 
ズームしました。火事みたいです。
20171113 4
 
上矢作町方面にも怪しい雲が・・・
20171113 5
 
投稿 Mさんありがとうございます
 
カテゴリ: ブログ
                             【押山おんたけさまの夕映え 11/12】
 
黒い雲が漂って夕日をさえぎっています。
20171112 01
 
ズームしました。
20171112 02
 
夕日が山に入ろうとしています。
20171112 03
 
黒雲がますます黒くなります。
ありふれた美しい夕映えではありませんが、
なかなかドラマチックでこれも一興かと・・・
20171112 04
投稿 Mさんありがとうございます
カテゴリ: ブログ
    【押山おんたけさまの怪しいカメラマン 11/12】
押山おんたけさまでの夕映えや雲海の撮影は地元のiさんと私Mがおこ
なっています。
二人は仲が悪いので、揃って撮影することは全くありませんでしたが、
11日から12日にかけては偶然一緒になりました。
面白半分にiさんの撮影風景を撮影したところ、なぜかこの山頂の風景
が新鮮に感じられましたのでご愛敬に投稿します。
11日夕方、夕映えの撮影に没頭している先達のiさんです。
夕日と一体化してます。
奥に広がるのは恵那市上矢作町。
20171112 1
 
今日の夕映え。夕日が沈んでいく山の稜線上に厚い雲があったので今一でしたが。
20171112 2
 
12日の朝7時半ころ。向こうの上矢作町を雲海がすっぽり覆っています。
20171112 3
 
北方向に目を向けるとこちらは朝日が差しています。
中央奥が木曽御嶽山
20171112 4
 
石神仏が祀ってあるところ。ここは周りを木が囲っています。
木の枝に日が差してくるところを撮影しているか・・・
20171112 5
 投稿 Mさんありがとうございます
 
カテゴリ: ブログ

20171111 1

20171111 1

20171111 1

20171111 1

20171111 1

20171111 1

 

 

PDFはこちら

投稿 Iさんありがとうございます

カテゴリ: ブログ
水, 08 11月 2017 00:00

一斗蒔田の鹿

 
       
    【一斗蒔田の鹿 11/8】
 
市道峯山線を走っていたら中組の一斗蒔田に鹿がいました。
どっかで見た顔だな・・・
20171108 1
 
あっ、弘光くん(仮名)とこの『マロン』だ! 間違いない。
おおい~ マロン! あっ、こっちを見た。
20171108 2
 
と思ったら向きを変えて草を食べ始めました。
なんだ、弘光くん(仮名)のとこでは十分ごはんを食べさせてもらえないのか・・・
(まあ、食べさせてもらえないのがフツーだとは思うが。鹿だし)
20171108 3
 
そのうち、いなくなったのでどこへ行ったかなと思ったら、うちの田んぼに
いました。
マロン、はやく弘光くん(仮名)とこへ帰りんね。みんな心配しているよ。
20171108 4
投稿 Mさんありがとうございます
カテゴリ: ブログ
1 / 2