日付でフィルタされたアイテム: 12月 2018 - 押山サイト
火, 01 1月 2019 00:00

初日の出 Mt押山

20190101 a

Iさん投稿ありがとうございます

カテゴリ: ブログ
火, 01 1月 2019 00:00

押山神社初参り

20190101 1

20190101 2

Iさん投稿ありがとうございます

カテゴリ: ブログ
月, 31 12月 2018 00:00

押山神社大払い

20181231 1

 

Iさん投稿ありがとうございます

カテゴリ: ブログ

20181225 1

20181225 2

20181225 3

 

Iさん投稿ありがとうございます

カテゴリ: ブログ
          【 Mt.押山 頂上伐採後の初雲海】
11日の頂上伐採後、はじめての早朝雲海見物です。どうかな?
登山道の上の方に日が差し込むようになり、明るくなりました。
なんだか胸が弾みます。
20181219 1
 
頂上の平地から東(登山道の終点)を見たところです。
開放的な雰囲気でいい感じ・・・ 右に10月設置のベンチが見えます。
20181219 2
 
石神仏に朝日が差し込んできました。背後には雲海今までには無かった光景です。
右上の枝がジャマですが今回は我慢。
20181219 3
 
 
上矢作町方面
20181219 4
 
 猿投山方面
20181219 5
 
Mさん投稿ありがとうございます
カテゴリ: ブログ
                【 平林の境界確認 12/17 】
 
12月17日(月)、平林(たいらばやし)の山林について境界確認を行いました。
10日に続いて2回目です。
なお今回は、豊田市役所森林課のホープであるM氏も参加しておられます。
また、この写真を撮ってくれたのは、豊田森林組合の切り札と言われるH氏です。
20181217 1
 
 
 
山道を登りますが、こんなふうに崩れて中断しているところも・・・
本日の地元メンバーは、後期高齢者1名、ほぼ後期高齢者3名、前期高齢者2名、
ほぼ前期高齢者1名。
高齢者たちが果敢に登っていきます。
20181217 2
 
 
目的地周辺に到着し作戦会議・・・・で、ここはどこだ?
20181217 3
 
 
所有者が変わる境界に杭を打ちます。
また、ピンクのテープを木に巻いて目印にします。
これはマジメなお願いです!!杭を抜いたり、テープを取らないでください!)
20181217 4
 
後ろの白い服の人は警備担当
山賊や猪が邪魔しないように、鎌で武装して見張っています。この日は天狗と山姥を
見かけましたが、作業には支障ありませんでした。
20181217 5
 
ところで、かつてここには2軒の家がありました。あまりに山奥なので、
電気も通っておらず、ランプで暮らしておられました。
今回、跡地に立ち寄ってみたら、おもと(万年草)らしきものが群生していました。
20181217 6
 
Mさん投稿ありがとうございます
 
カテゴリ: ブログ
水, 12 12月 2018 00:00

Mt.押山 これも雲海?

          【 Mt.押山 これも雲海? 】
 
放射冷却によって発生するのが正統な雲海のようですが、雨が止んで一気に晴れ
ていくときも、なかなか面白い雲が見られます。
季節や時間・気温は問いません。みんな見においでん。
今回紹介するのは、雨が止んで晴れてきた10時から11時ころです。
 
恵那山方面
右の方で、雲が鎌首をもたげるように伸びているのが面白いです。
20181212 1
 
木曽御嶽山方面
沸騰しているような雲
20181212 2
 
上矢作町方面
雲の下に町が見えます。
20181212 3
 
串原方面
下の方に赤い橋が
20181212 4
 
串原~猿投山方面
雲のさま、いとをかし。気象予報士必見。
晴れていると、左の方に猿投山が見えます。
20181212 5
 
御所貝津方面
20181212 6
 
Mさん投稿ありがとうございます
 
カテゴリ: ブログ
火, 11 12月 2018 00:00

Mt.押山の頂上伐採

                                                【 Mt.押山の頂上伐採 】
 
Mt.押山頂上の東側だけは、木が密集しているため、全く展望が開けていません。
ここに少しでもスキマを開けたい、日の出も見えるようにしたい・・・
そうすれば、来訪者にも喜んでいただけるだろう・・・・
というわけで、豊田市わくわく事業の助成をいただき、伐採をおこないました。
 
これが伐採前です。
今、日が出ているあたりをなんとかしたい・・・
20181211 1
 
12月11日、プロによる伐採実施  
20181211 2
 
狙った方向へピタッと倒しちゃうのにビックリ!
20181211 3
 
後処理もテキパキ
20181211 4
 
こっちでも巨木の後処理中
20181211 5
 
バーッと光が差し込むようになりました!めでたし
20181211 6
 
Mさん投稿ありがとうございます
カテゴリ: ブログ
          【 平林の境界確認 12/10 】
 
12月10日(月)、平林(たいらばやし)の山林の境界確認を行いました。
これは間伐(=山林の間引きをして健全な森林にする)実施のために不可欠
な作業です。8時から14時までほとんど休みなしで、急峻な山を登ったり下っ
たりして、ヨレヨレになりました。
参加者はこのメンバーと森林組合の精鋭2名です。
20181210 1
 
急な斜面をほとんど一気に登ります。死ぬかと思いました。
後期高齢者1名、前期高齢者3名、もうすぐ前期高齢者が2名・・・スゴい。
20181210 2
 
山賊や熊・猪に襲われるといけないので、今回は自衛隊に警備を依頼しました。
真ん中の人が、薙刀(なぎなた)で武装した自衛隊員です。
20181210 3
 
こちらは森林組合の精鋭
20181210 4
 
尾根を進みます。
背中の籠は、途中で兎や狸が捕まったとき、持ち帰るためのものです。20181210 5
 
地元の精通者の案内と地形の観察をもとに、所有者同士の境界を確定して、
杭を打ちます。さらに後日、森林組合が現地を測量して図面を作成します。
20181210 6
 
あっちの谷、こっちの尾根・・・と山を登り下りして杭を打っていきます。
20181210 7
 
ようやく下山。午前中の予定が、午後2時までかかりました。
でも、精度の高い境界確定ができてよかったです。
完全武装の自衛隊員(最後を歩いてる人)のおかげで山賊にも襲われませんでした。
ただ、兎や狸は捕れなかったので背中の籠は空っぽです。
20181210 8
 
Mさん投稿ありがとうございます
 
カテゴリ: ブログ
土, 08 12月 2018 00:00

Mt.押山の多彩な顔

                               【 Mt.押山の多彩な顔 】
 
Mt.押山の魅力は、雲海や夕映えだけではありません。
今回はいつもと少し違った顔を紹介します。
 
雨が上がって一気に晴れてきました。
雲(霧?)が山にまとわりついたり漂ったりしていとをかし・・・・
(10月24日)
20181208 1
 
雲の下の恵那市上矢作町(10月24日)
20181208 2
 
雨は上がりましたが曇り空。霧の乱舞(12月7日)
20181208 3
 
霧のダイナミックな動きが圧巻です。(12月7日)
20181208 4
 
まっ、こういうこともあります。
もう少し霧が薄かったら「長谷川等伯の画みたい!」と宣伝しちゃうのですが・・・
後ろ姿の方は、10回近い(!)リピーターです。拍手!!(11月26日)
20181208 5
 
とはいえ、やはり、まずは晴れた日の素晴らしい展望が原点かも。
この日は、あちこちの山の三角点を訪ねているというご夫婦がおみえでした。
(12月2日)
20181208 6
Mさん投稿ありがとうございます
カテゴリ: ブログ